当院のご案内

当院の診療方針 〜メディカルトリートメントモデル〜

患者様の口腔内を生涯に渡り健康に保つ

「虫歯じゃないのに、何で歯医者さんに行くの?」

 歯が痛くなったら歯科医院に行く。歯が悪くなったら治療すればいいという考え方が、結局、自分の歯を失うことになってしまいます。残念ながら、治療したとしてもいったん悪くしてしまった歯は、寿命が短くなるのが現実です。
今では、虫歯・歯周病の原因と予防法が分かってきました。また人によってかかりやすさ、かかりにくさがあります。

そこで当院では、あなたが疾患にかかりやすいか、かかりにくいか、かかりやすいとすればどんな要因があるのかを科学的に診査・診断し、必要があれば最小限の治療を行い、「あなただけの治療・予防プログラム」をご提案し、実践していきます。そして、この「予防プログラム」にそって、正しく歯磨きができているのか、再発や別の部位に病気が起こっていないかなどを、定期的なメインテナンスによってサポートしていきます。

10751.jpg 10752.jpg

診療科目

歯科,小児歯科,矯正歯科,歯科口腔外科
 

院内・診療設備など

リラックスできる院内環境

メインテナンスルームを設けてあります。ここでは歯を削ったり、詰めたりすることはせず、ゆったりとリラックスした状態で、痛みのない気持ちのいいケアを担当の歯科衛生士が行います。

10753.jpg

最新の診療椅子

診療、治療はもちろんのこと、患者さんに十分に説明を聞いていただくための、PCや位相差顕微鏡等も兼ね備えております。

 

10754-A.jpg

10754-B.jpg

 

10754-C.jpg

10754-D.jpg

 

 

 

バリアフリー

  1階に、玄関から診療ユニット(イス)までバリアフリーとなる診療室を増設しました。車イスでの導入が可能になり、また患者さんに負担をかけない診療ユニットで車イスからの移動も楽に行えます。

 

 

 

訪問診療

 歩行困難な方や在宅療養中の方で、通院が困難な方には、訪問診療いたします。在宅にて治療可能な携帯用切削器械・器具、吸引装置等も備え,ホームヘルパー2級有資格歯科衛生士及び有資格スタッフが付き添います。ご希望の方はお電話にてご連絡ください。 

 

ダイアグノデント

 虫歯は、初期の段階(脱灰)であれば、削って詰めるのではなく適切な処置によって元(再石灰化)に戻ります。この削らずに済むか、削って詰めなければならないかの診断は、診察用の針(検針)で突っついて調べるのではなく、虫歯の深さを計ることのできる器械を使って正確な診断を行います。この器材がダイアグノデントです。ダイアグノデントは、レーザー光により歯質の変化を測定するため、検針による触診のように歯質を破壊し、元に戻ること(再石灰化)を阻害する可能性がありません。さらに視診やX線などでは、見落とされていたわずかな歯質変化も発見できるため、より正確な診断が行えます。

・ダイアグノデントは、非常に高感度の機器です。開業医グループが行った肉眼での診査によると、裂溝カリエスを正しく診断できたのは、全体のわずか57%であったが、ダイアグノデントを使用した場合には、90%を超える発見率であった。(ベルン大学・ルッシ教授)

★拡大画像

1075.gif

 

初診の方へ

初めて診察を受ける方へ

◇◆◇持ち物◇◆◇
健康保険証および各種(老人・公費等)受給者証をご持参ください。
また、気になる症状や質問したいことがあれば、メモをご用意いただけると良いかと思います。
脱離したつめものや、壊れた義歯等、また以前の治療情報などがございましたらあわせてお持ちください。
現在服用中の薬があれば、「お薬説明書」等をご持参ください。
 

診察・検査の進め方

【診療体系】 ここで当医院での診療体系(診察、診療の流れ)についてを説明します。 
 

守秘義務と個人情報について

当院は、個人情報の保護に積極的に取り組んでおります。
お電話を含む、患者さんからのお問い合わせの内容に関して、守秘義務を厳守いたします。